仕事、社会保険のお役立ち情報。専門用語を優しい言葉に翻訳しながら、充実したビジネスライフを楽しむ方法を提案します。 初コメいただきました。ありがとうございます。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








仕事のルール 男女差別のない職場作り : ポジティブ・アクション


職場の男女差別解消のために (^-^;)
 今回は…女性社員の登用に関するお話です! コレ φ(.. )  です

ポジティブ・アクション


男女雇用機会均等法(均等法)では、男性または女性を排除したり、優先したりすることを禁止しています。
しかし・・・
  職場の男女間格差の解消のためであれば、
   女性を優先することを あえて認める
それが、
\(^-^*)ポジティブアクション です。



+++++++++++++++++++++++


1、均等法で禁止されている 職場の男女差別

男女雇用機会均等法では、職場の 男女差別 を禁止しています。
どのようなものが 男女差別 にあたるのかといいますと、男性または女性を 職場から排除すること 、男性または女性の どちらか一方を優先すること などがあげられます。
【関連記事】 ・募集及び採用に関する男女差別の例
【関連記事】 ・配置に関する男女差別の例

そのため会社では、男性または女性を差別するような会社内の制度を作ってはいけません。
そして、もしも 男女差別 を引き起こすような社内制度があるのであれば、これを改めなければいけないとされています。


+++++++++++++++++++++++



2、しかし現実的な 男女間格差 が存在する場合

 でみてきたように、会社は、職場での男女差別 が起こらないうにして、男女を平等にあつかわなければいけません。

けれども、いくら社内制度の上で「男女平等」とされていたとしても、これまでのいきさつや長年の慣習などから、実質的に職場の中で 男女間格差 が生じてしまっていることがあります。
たとえば、課長以上の管理職に女性がいない というようなこと。

このような男女間のアンバランスが社内で生じている場合に、このアンバランスを一日も早く解消するための手段として、あえて 「女性社員を優先する」 ことがあったとしても、それを均等法では取り締まらないようにする、それが ポジティブアクションの趣旨 です。 

たとえば、女性管理職のいない会社で、
「昇進の基準を満たす社員の中から女性を優先して管理職に登用する。」
「昇進試験の受験を女性社員に対してのみ積極的に働きかける」

という対策を会社が打ち出したとします。
するとこれは、本来でしたら均等法に違反する (男性社員に対する差別的な扱いをしている) ことになります。

しかし、「女性管理職が0人」という現実的なアンバランスを解消するための方策であると認められる場合には、そこのところの事情を汲み取って、均等法の規制をかけずに大目に見てあげましょう、あえて均等法で処罰しません とされているのです。

***

 ポジティブアクションの具体例  φ( ̄_ ̄ )  コンナンアリマ
・女性の少ない職種に積極的に女性の採用を拡大する
・これまで女性がついていなかった部署に複数の女性を配置する
・女性管理職を増やすように女性の研修を充実させる
・女性の勤続年数が伸びるよう、
         仕事と育児が両立できる職場の環境を整える


+++++++++++++++++++++++


ポッチしてくれたら…
♪m(;∇;)m ぅうれしすぎるっでござる



→ さぶかる de 仕事社会保険 Top page 記事一覧に戻る




+++++++++++++++++++++++

ポジティブ・アクションとして認められる項目

【募集及び採用(法第5条関係)】
 女性労働者が男性労働者と比較して相当程度少ない雇用管理区分における募集又は採用に当たって、当該募集又は採用に係る情報の提供について女性に有利な取扱いをすること、採用の基準を満たす者の中から男性より女性を優先して採用することその他男性と比較して女性に有利な取扱いをすること。

【配置(業務の配分及び権限の付与を含む。)(法第6条第1号関係)】
 一の雇用管理区分における女性労働者が男性労働者と比較して相当程度少ない職務に新たに労働者を配置する場合に、当該配置の資格についての試験の受験を女性労働者のみに奨励すること、当該配置の基準を満たす労働者の中から男性労働者より女性労働者を優先して配置することその他男性労働者と比較して女性労働者に有利な取扱いをすること。

【昇進(法第6条第1号関係)】
 一の雇用管理区分における女性労働者が男性労働者と比較して相当程度少ない役職への昇進に当たって、当該昇進のための試験の受験を女性労働者のみに奨励すること、当該昇進の基準を満たす労働者の中から男性労働者より女性労働者を優先して昇進させることその他男性労働者と比較して女性労働者に有利な取扱いをすること。

【教育訓練(法第6条第1号関係)】
 一の雇用管理区分における女性労働者が男性労働者と比較して相当程度少ない職務又は役職に従事するに当たって必要とされる能力を付与する教育訓練に当たって、その対象を女性労働者のみとすること、女性労働者に有利な条件を付すことその他男性労働者と比較して女性労働者に有利な取扱いをすること。

【職種の変更(法第6条第3号関係)】
 一の雇用管理区分における女性労働者が男性労働者と比較して相当程度少ない職種への変更について、当該職種の変更のための試験の受験を女性労働者のみに奨励すること、当該職種の変更の基準を満たす労働者の中から男性労働者より女性労働者を優先して職種の変更の対象とすることその他男性労働者と比較して女性労働者に有利な取扱いをすること。

【雇用形態の変更(法第6条第3号関係)】
 一の雇用管理区分における女性労働者が男性労働者と比較して相当程度少ない雇用形態への変更について、当該雇用形態の変更のための試験の受験を女性労働者のみに奨励すること、当該雇用形態の変更の基準を満たす労働者の中から男性労働者より女性労備考を優先して昇進させることその他男性労働者と比較して女性労働者に有利な取扱いをすること。

→ さぶかる de 仕事社会保険 Top page 記事一覧に戻る

スポンサーサイト






ジャンル:就職・お仕事 テーマ:働く女性
2007⁄05⁄06 00:53 カテゴリー:仕事のルール 豆ちしき comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

亭主さぶかるQ

さぶかるQ

Author:さぶかるQ
東京都在住42歳。
社会保険労務士の資格を持っています。
働くことに関する基本的なルールを知れば、無用なトラブルが防げます。仕事に全力投球して社員も会社もいきいきハッピーライフを!


労働統計 リンク


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリー


▲pagetop



Copyright © 2017 さぶかる de 仕事 社会保険. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。