仕事、社会保険のお役立ち情報。専門用語を優しい言葉に翻訳しながら、充実したビジネスライフを楽しむ方法を提案します。 初コメいただきました。ありがとうございます。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








はじめての就職 仕事をする : 18歳未満を働かせてはいけない場合③


3 一部規制が緩和されている部分とは・・・これ中学卒業後のお話です

 で、 「満18歳未満の人を働かせるときの規制の大原則」 について、みてきました。
ここからは、 義務教育が終わった(中学校を卒業した)人に限って 「大原則」でみてきた規制が緩和されている部分、つまり 例外的に働かせてもいい場合 についてみてゆきますます。


+++++++++++++++++++++++



① 時間外労働と休日労働の禁止 に関する規制の緩和

18歳末満の人 (年少者) については、労基法第32条の労働時間の規制 (1日の労働時間は8時間まで、1週の労働時間は40時間までとする規制) が厳格に適用されます。
ただし、次の場合には、この規制が条件付で緩和されています。

***

【規制の緩和 : 労働時間 1】
■1週間のうち1日の労働時間を 4時間以内に短縮 することにより、他の日の労働時間を 10時間まで延長 すること。
 → 1週間のトータルで、40時間以上働かせることはできません。


***


【規制の緩和 : 労働時間 2】
1日8時間 、 1週間48時間を超えない場合 には、 1ヵ月単位・1年単位の変形労働時間制 の例によって使用すること。

 → 変形労働時間制について
変形労働時間制 というのは、労働時間を弾力的に、臨機応変に管理するために、労基法第32条の労働時間の規制を緩和して、1日8時間を超える労働、1週40時間を超える労働を、条件付で認めることです。
なので、年少者 の場合には、 変形労働時間制(規制の緩和) は、原則として認められていません。
しかし、 【規制の緩和 : 労働時間 2】 のような場合だけは、例外的にOKということになります。



***


重要!
 休日労働については、この 規制の緩和 が、ありません! なので、18歳末満の人に休日労働をさせることはできません。



+++++++++++++++++++++++




② 深夜業の禁止 に関する規制の緩和

18歳末満の人については、深夜業 (夜10時~朝5時までの勤務) をさせてはいけないことになっておますが、次の場合には、この規制が緩和されています。


***


【規制の緩和 : 深夜の勤務 1】
■交替制によって使用する 満16歳以上の男性 を深夜に働かせること。

【用語の定義】
交替制によって使用する
・・・ 「交替制によって使用する」 とは、 1人の人が、一定期日ごとに 昼間の勤務 と 夜の勤務 にかわるがわる就くこと です。
つまり、 ずっと夜中の仕事ばかりさせる とか、 途中で他の人と交代させて深夜に働かせる というものではありません。


***


【規制の緩和 : 深夜の勤務 2】
■交替制によって労働させる事業で、 夜10時30分 まで働かせること。
 → この場合は、 途中で他の人と交代して働くような職場 でのお話です。
 → 労働基準監督署長の許可を受けなければいけません。


***


【規制の緩和 : 深夜の勤務 3】
農林水産業、保健衛生業、電話交換業務の従事者 について深夜に働かせること。


*****


 非常災害の場合
非常災害の場合には、18歳末満の人に、時間外労働・休日労働・深夜の勤務をさせることができます。
ただしこの場合には、事前に労働基準監督署長の許可 (緊急の場合には、事後の届出でも可) をえなければいけません。



+++++++++++++++++++++++



③ 坑内労働&危険・有害な業務の禁止 に関する規制の緩和

18歳末満の人については、坑内労働&危険・有害な業務をさせてはいけないことになっておますが、役所の許可を受けた職業訓練を行う場合には、この規制が緩和されることがあります。

+++++++++++++++++++++++



コチラ ランキングのバナーです。
 φ(.. )ポチしてくれるとうれしいです。
 



→ さぶかる de 仕事社会保険 Top page 記事一覧に戻る






+++++++++++++++++++++++

中学校を卒業する前の人の場合について

ところで、中学生を卒業する前の人の場合は、今回のお話以上に就業が禁止される場合が多くなります。
つまり、(; ̄へ ̄∥)もっと規制がキビシイんです!

***

【就労の禁止】
■そもそも、中学校卒業前の人を、労働者として雇ってはいけません。もしも雇う場合には、 労働基準監督署長の許可 を受けなければいけません。
また、許可を受ける際には、 学校長の証明書 親権者の同意書 などが必要です。

***

さて、許可を受けて働くことができるようになったとしても、キビシイ規制がしかれています。
その主なものは…

【労働時間の規制】
■就学時間を通算して 1日7時間 1週間に40時間 までしか働かせてはいけません。

【深夜業の規制】
■夜8時以降 (演劇の子役については、夜9時以降) は、働かせてはいけません。

【業種の規制】
■坑内労働&危険・有害な業務はもちろん、接客・娯楽業、エレベーターの運転などの事業についても禁止されています。

などです。

(」゜□゜)」  大切なキミのため! 悪い大人にだまされるなよー!

スポンサーサイト







2007⁄05⁄25 11:12 カテゴリー:はじめての就職 : その時知っておきたい comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

亭主さぶかるQ

さぶかるQ

Author:さぶかるQ
東京都在住42歳。
社会保険労務士の資格を持っています。
働くことに関する基本的なルールを知れば、無用なトラブルが防げます。仕事に全力投球して社員も会社もいきいきハッピーライフを!


労働統計 リンク


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリー


▲pagetop



Copyright © 2017 さぶかる de 仕事 社会保険. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。